2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ドル円、ポンド円の行方

ドル円、ポンド円は一服中ですが、
次は、どちらに向かうのでしょうか?
答えは誰もわからないのですが、
理論的な根拠からある程度予想することは可能です。

ユーロドル、豪ドルドルをみますと
週末最後の最後に新高値を更新しています。
つまり、従来の考え方から言うとリスクテイキングです。
他の組み合わせは、流れが顕著ではないので
断言はできませんが、いわゆる前兆なのかもしれません。

週明け、この流れを引き継ぐと考えると
ドル円、ポンド円は、上に向かう可能性の方が
高いことになります。

TOUNINは、ドル円をロングしておりますので、
希望的観測によるポジショントークと
考えていただいても結構です。

長い目でみれば、これからドル円、クロス円は
買われていくものとみています。


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2011..10 01:36 テクニカル comment0 trackback0

じっと我慢の子

ドル円が84円台に戻ってきました。
75円まで行ってもいいと、じっとしておりましたが
やっと春が近づいてきました。

短期的には、日足でヒゲをつけましたので、
週明けは売戻しがありそうですが、
長期的には、さらなる新安値更新は
ファンダ的に考えにくいと思っています。

85円半ばでロングしていますので
ポジションは、まだマイナスです。
よって新たなポジションは取りにくいことになります。
長期的観点のポジションですので、
新たな買い増しは、92円を超えてから考える予定です。

うまくいっても3-6ヶ月先でしょうかね。
本業が忙しいので、以前のようにフットワークよく取引はできませんが、
そいうときは、年単位の取引も悪くないと考えております。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2011..02 06:48 ファンダ comment0 trackback0

久しぶりの更新

久しぶりの更新です。

ユーロドルショートは、相当昔に1.25位で決済しました。
今は、円高からの回復を待ってエントリーしたいと考えています。

しばらく前に、ドル円ロングを85円台でポジションテイクしました。
相当引かされていますが、レバリッジ2倍程度ですので外貨預金感覚で
放置しています。
あと1年ほど寝かしてもいいつもりでいます。

ドル円は75円くらいまで勢いでいくかもしれませんが、
それでもいいと思っています。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..20 05:57 テクニカル comment0 trackback0

珍しい値動き!

リスク緩和の値動きが続いておりますね。

ただし、一人逆方向を向いている組み合わせがあります。

そうです。
ポンドドルです。

ポンドドルは、反転後下落しつつあります。
通常関連性の高いユーロドルは、まだ上昇傾向です。

今後を占う意味では、
1.ポンドドルの値動きは、リスク回避に向けての前兆。
2.単なるだまし。

さて、どうなるでしょうか。
いずれにせよ上記を見極めてからエントリーが
賢明だと考えています。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..11 21:32 テクニカル comment0 trackback0

ギリシャ、ユーロ撤退の確率!

ブルームバーグのエコノミスト予想では、
ギリシャがユーロから撤退する確率は、

なんと40%となっています。

個人的には、80%位あるのではないかと思っていますが、、、

さて、チャートは相変わらず方向感がありません。
が、ユーロスイスは順調に?安値更新中です。

ユーロを売りたくなるわけですが、
ドルスイスやカナダ米ドルのペアは、むしろリスクテイキングの
値動きですので、まだエントリーするには早いことになります。

すべての組み合わせが、リスク回避に向かい、
かつ複数の組み合わせで抵抗線を突破したときが、
ユーロ売りのタイミングと考えています。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..09 20:44 ファンダ comment0 trackback0

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。