FC2ブログ
2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

オセアニア通貨の利下げ確率!

オセアニア通貨は、今年一年でどの程度まで利下げされるのでしょうか?

クレジットスイスインデックスからですが、

豪ドルは、1.2%
NZドルは、1.14%

一年間に利下げされるとみられています。

この程度だと、ポンドやユーロと大してかわらないので、オセアニア通貨はヨーロッパに対しては買いでよいことになります(実際は、スプレッドが大きいので考慮しませんが、、、)。
米ドルや円に対しては、わかりません。

オセアニア両国は、米欧日に比べれば、サブプライムの影響は少ないのですが、間接的に景気後退の荒波にのまれているのは確かです。

オセアニアは、そろそろロングしたくなる雰囲気が出てきましたが、対円ではまだリスクが高いと思っています。
理由は、ドル円がこのまま上がり続けるとは考えにくく(ファンダ上)、少なくとも一回は下を大きく攻めていく可能性が高いからです。
ただ、最近は、ドル円の動きとクロス円の動きが必ずしも一致しないので判断は非常に難しいのが正直なところです。
対ドルでは、どうでしょう?これも、わかりません。

さて、来週はどうなるか、わかりませんが、月曜ヨーロッパ時間は大きく動く可能性が充分ありますので気を抜けないと思います。

一番可能性が高いのは、ポンド売りと思っています。
政策金利は、予想より大きく利下げされる可能性があるため、「うわさで売られる」のではないかと深読みしています。

さて、どうなるでしょうか?

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2009..03 08:40 ファンダ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tounin.blog71.fc2.com/tb.php/337-4efeab04

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。