FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

GMは救われる!

GMは果たして救われるのでしょうか?

議会筋によりますと、今回否決のポイントは、労組側が賃金削減に同意しなかった点が強調されています。
TARPによる救済が検討されていますが、労組側の譲歩がなければ難しいと思っています。
オバマ氏も、日本メーカー並に賃金を削減することを望んでいます(約30%ほど高いと言われています)。

最終的には、労組側が譲歩して救われる方向に向かうと思います。
潰れてしまっては、労組側も困るわけですから。

ただ、個人的には、この救済劇は一時的延命処置にすぎず早晩GMは破綻するのではないかと危惧しています。

さて、問題の為替への影響ですが、今まではリスク緩和で円売り、ドル売り、リスク回避で円買い、ドル買いの図式だったのですが、ここにきて米国の景気減速の傾きが急激になってきていますので、
考え方を変えないといけない気がしています。

リスク緩和で、円売り。リスク回避で、円買いです。ドルストレートは難解な動きを示すかもしれません(たとえば、ポンドに対して買い、ユーロに対して売りなど)

来週のシナリオとしましては、GM救済で一旦リスク緩和、その後、全世界的景気減速に視点が移りリスク回避と考えています。
具体的には、GM決着後に、ドル円もしくはクロス円ショートです。

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..13 19:21 ファンダ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tounin.blog71.fc2.com/tb.php/317-10cb9708

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。