2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

下へ行くのは来週?

軽いレンジ相場に入っているようですね。

抜けるのであれば下と思っておりますが、
抜けるのは来週以降になりそうです。

気が早いのですが、両建てしていたユーロドルロングを
1.2412ではずしました。

NYに入って下落していますので、
今の所、正解です。

下へ抜ければ、ユーロドル売り増しする予定です。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート

スポンサーサイト
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..28 21:42 テクニカル comment0 trackback0

安値更新!

ユーロ円が安値更新しましたね。
今は、戻していますが、
ユーロ売りの流れは止まらないとみています。

ユーロドルが安値更新すれば、走る気がします。

さて、両建てしていたユーロドルは、まずロングをはずし
様子をみていましたが戻ってしまいましたので、
薄利で決済しました。


ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(ロング1.2460相殺中)


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..25 21:27 テクニカル comment0 trackback0

どっちつかず。

方向感がない展開が続いていますね。

ただし、動き出す前兆がないわけではありません。
ドルスイスが抵抗線を一瞬ブレイクしました。
本格的に上へ抜けるようでしたら、
再度リスク回避で良いと思います。

具体的には、ユーロよりも
USD/CHFロング、AUD/USDショートの方がよいかもしれません。
(スプレッドを考えれと食指が動きませんが、、、)

狙っているEUR/USDショートは、タイミングが難しいです。
しばらくは両建てをはずす時期がこないかもしれません。


ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(ロング1.2460相殺中)
ユーロドル 1.2490 ショート(ロング1.2460相殺中)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..24 21:12 テクニカル comment0 trackback0

理屈に合わない!

ユーロドルの値動きが全く理屈にあいません。

ユーロ圏ソブリン問題のため、リスク回避の動きが席捲しています。
サブプライムやリーマンショックと同じ理屈です。
全世界的に株価は暴落し、為替的には円買い、ドル買いです。
資源国通貨売りやスイス売りは理屈が合います。

ところが、ユーロが円に対しては売られていますが、
ドルに対しては全く逆です。
ポンドを含めて全てドルに対して売られても、
ユーロだけは買われています。

為替介入の噂も流れていますが、本当でしょうか?
短期では通用しても、中長期的には理屈は合わないし、
これでは経済がつぶれてしまいます。

あまりにも、理屈にあわないので、
ついポジションを引っ張りすぎました
ユーロドル 1.2298と1.2190 ショートの建玉は
それぞれ160ピップほどマイナスで決済しました。
もし、さらに引っ張っていたら、さらにマイナスでしたので
仕方がないところです。
残りの2ポジションは、両建てし利益確保中です。

まあ、ぼやいても仕方がありません。
しばらくは、見がよさそうです。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(ロング1.2460相殺中)
ユーロドル 1.2490 ショート(ロング1.2460相殺中)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..21 07:13 ファンダ comment2 trackback0

小康状態。

ユーロドルは小康状態ですね。
1.2280-90付近まで戻すかと思いましたが、
ポジションクローズや買い方の出番はなかったようです。

ロンドン序盤にドル円が急落したので、
ユーロドルを売りました。

が、思ったように下落せず、
むしろ上昇機運になりつつあります。

またまた、両建ての可能性がでてきてしまいました。
やはり、早まったのかもしれません。
結構、自信あったのになあ。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2220付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(現在1.2220付近)
ユーロドル 1.2298 ショート(現在1.2220付近)
ユーロドル 1.2190 ショート
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..19 21:16 テクニカル comment0 trackback0

我慢した甲斐ありました!

ユーロ買戻しを、3回の両建てで耐えた甲斐ありました。

1.2298のユーロドルショートを救済すべく両建てした
ユーロロング1.2415は、戻る途中の1.2365で決済しました
その後、爆下げし今に至っています。

3回の両建てで計マイナス43ピップですが、
あまりあるほど下落していますので、
大成功と言ってよいでしょう。

ただ、師匠には、結果オーライなだけだと怒られそうです。

勢いがありますので、さらに売り増ししたいところですが、
おそらく1.2290位は戻してくるでしょうから、、
もう少し様子をみます。
それに、両建てすると、はずすタイミングが難しくてホント疲れますので、、、

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2180付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(現在1.2180付近)
ユーロドル 1.2298 ショート(現在1.2180付近)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..19 07:03 テクニカル comment0 trackback0

レンジ突入か?

ユーロはゆるやかながら買い戻されていますね。
レンジ形成となるかもしれません。

ただし、短期ー長期全てにおいて、ユーロ売り優勢との判断には変わりありません。
8割以上の確率で下へ向かうと思っています。

一点気になるのは、市場のセンチメントがユーロ売り一色であることです。
一見、死角がないように見えるのが死角であることは相場の世界では、
よくありますので注意が必要でしょう。
投機筋によるストップ狙いのユーロ買いがあるかもしれませんので
それに備えています。

さて、昨日二回目の両建ては1.2415から下落途中の
1.2349(プラス18ピップ)ではずしました。
一時うまくいっていたのですが、再度反転し、
またもや引かされています。
我慢していれば必ず下へ行くと思っていますので、
つい無理して引っ張ってしまいます。
再度、両建てし3回目の我慢です。
師匠の言うことを聞かないと苦労しますが、
早晩苦労が報われると信じています。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2425付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(現在1.2425付近)
ユーロドル 1.2298 ショート(ロング1.2415にて相殺中)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..18 21:08 テクニカル comment0 trackback0

戻りは売り!

ユーロドルは東京時間にリーマン越えを果たしましたが、
その後、週末終値付近まで戻しています。
大きなニュースはないので、株価主導の値動きになるかもしれません。
そうなると、NY時間はダウ上昇が推測されますので、
ユーロを売っている身としましては、じっと我慢する必要がありそうです。
まあ、明日のロンドン時間には戻り売り優勢に反転するという希望的予想ですが、
買い方は1.2400位までは取りに行くと覚悟してしています。
調子の乗ってユーロドルを売りまししましたが、現在引かされています。
一過性に両建て(二回目)し戻りを待っている所です。
(一回目の両建ては、マイナス10pip)

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2360付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(現在1.2360付近)
ユーロドル 1.2298 ショート(ロング1.2331にて相殺中) 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..17 21:28 テクニカル comment0 trackback0

週明けは、窓あけ?

ユーロドル、ドルスイスは、最安値付近で終値を迎えました。
通常は、週末リスクを避けた利益確定売買が見られるのですが、
今回は、週末リスクが少ないとの市場の判断でしょうか。

となると、週明けは、窓開けの可能性充分ありです。
方向は、もちろんドル買い、ユーロ、スイス売りです。

ポイントはも窓をどの程度、埋めに行くかですが、
埋めても、週末終値付近までとみています。

あくまで、ポジショントークです。
ちなみに、ソロスもユーロを売っているため、
ユーロの下値を誇張して吹いているようです。
影響力は全然違いますが、、、

時間がかかるでしょうが、パリティ目指すことも、
想定しています。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(終値1.2360付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(終値1.2360付近)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..15 19:14 テクニカル comment4 trackback0

リーマンショックを越えるか?

ユーロドルが、リーマンショック時の最安値まで、
あと50ピップほどまでに迫りました。
これを抜けると、しばらく抵抗線がありませんので、
一気に走る可能性があります。

次の目標値はかなり先の1.17です。
金曜後半ですので、このあと利益確定買いが入り
値は戻すと思いますが、
来週、早々に新安値を狙ってくるかもしれません。

テクニカル的には、噴き値売りを狙いたいチャートと記事にしましたが、
有言実行で、ユーロドルが噴いた後、戻りを1.2490で売り増ししました。
今の所、見事にはまっています。

来週、ユーロドルが1.23を切れば、思い切って勝負手を放つタイミングを模索します。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2390付近)
ユーロドル 1.2490 ショート(現在1.2390付近)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..15 01:06 テクニカル comment0 trackback0

予想より早くブレーク?

ユーロドルが、新安値を更新しました。
ユーロスイスが先だと思っていましたが、
逆転で一抜けを果たしました。
現在は、米指標前で戻していますが、
基本的には、ユーロ売りで間違いないと思っています。
仏大統領が、ユーロ脱退などとドイツを脅しているようですが、
まあ、ブラフでしょう。
本当なら、ユーロ爆売り炸裂です。

テクニカル的には、噴き値売りを狙いたいチャートとなってきました。
ユーロドル売り増しのタイミングを逃さないようしたいところです。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2500付近)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..14 21:24 テクニカル comment0 trackback0

ユーロ売り正念場?

ユーロは、レンジ下限の組み合わせが増えました。
そうです。
ユーロドルです。
一抜けがユーロスイス、二抜けがユーロポンド、ユーロドルになるのではと推測しています。
特別、後押しする要因はないのですが、
投機筋がストップを狙って、売り浴びせれば実現しそうです。
NYは目が離せないかもしれませんね。

テクニカル的には、買い戻されてレンジに戻ることも半々以上でありそうですが、
上値は限定的と見ています。

ユーロドルショートは継続します。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2600付近)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..13 21:00 テクニカル comment0 trackback0

レンジになるの?

ユーロは売られているものの、
下抜けするためには、もう少しファンダ的後押しが必要そうですね。

しばらく、レンジ相場になる可能性高そうです。
ポジションは、そのままにしてじっと下抜けを待ちたいと思っています。
予想がはずれて、上に行ってしまうときには手仕舞いします。
ただ、上に行くには相当のファンダ改善が必要ですが、
まず、それはないと考えています。
つまり、ユーロ売りの方がはるかに確率高いと思っています。

テクニカル的には、ユーロポンド、ユーロスイスが抵抗線付近です。
下へ抜ければ、他のユーロペアもユーロ売りのタイミングと考えてよいでしょう。

数日前の記事の通り、最悪ユーロがなくなることも頭の片隅においています。
そうなりそうな前兆を見つけたら、ポジションを増やして勝負に出ます。
現在のポジションをそのための足がかりにするつもりです。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2680付近)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..12 20:59 テクニカル comment0 trackback0

ユーロ危機は継続か?

ECBによるギリシャ国債の買取や今後の援助方針決定は、想定していませんでした。
裏を返せば、ユーロが危機であることを自ら認めていますね。

昨日は、一気にユーロが買われ、含み損が大きくなりましたので、
一過性に両建てしました。
直近の天井を確認した後、両建てをはずし、
従来の方針通り、ユーロ売り継続です。
これにより、若干損失を計上しましたが、
ポジションリスク回避のためやむをえません。
師匠には、固く両建て禁止と言われているので、
今回の取引は内緒にしなくてはなりません。
師匠、許してくださーい。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2700付近)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..11 21:14 ファンダ comment0 trackback0

ちょっとお休み

昨日は、思い切りユーロ、ポンド売り、円買いでしたが、
本日は、戻した後、やや落ち着きを取り戻していますね。

雇用統計もインパクトは、ほとんどありませんでした。
しばらくは、レンジになるかもしれません。

さて、今後も長期的に見ればユーロ売りのスタンスです。
ユーロ圏財政危機は、簡単には解決しないとみています。
(実は、日本の方がはるかに財政危機なのですが、世界はあまり問題視していません)

たとえ、ユーロが戻りで買われても、次々に出てくるユーロ危機のニュースのたびに、
売られ続けるリスク十分です。

万一、ユーロがなくなったらどうなるのでしょうか?
もし、ユーロ円10万単位ショートしていたら、
10000pip以上下がる訳ですから、1000万円以上利がのる計算になります。
まあ、そうなる事を世界は避けるべく努力するはずですから、
ありえないと皆さんは考えると思います。
ただ、市場はたたけるところは容赦なくたたいてきますので、
油断は禁物でしょう。
まさかが起きるのが相場です。

ユーロロングの方、脅かしてすみません。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート (抑え目で10Kのみ)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..08 06:42 テクニカル comment0 trackback0

ユーロ崩壊!

ユーロが売られています、というか崩壊しかけています。
どこまで行くのでしょうか?

もちろん、答えは神のみぞ知るですが、
ユーロ売りの原因が、ギリシャ問題の根深さというファンダですので、
これが解決されるまでは、信用不安は広がる可能性は充分あります。
うまく立ち回らないと、ポルトガル、スペイン、アイルランドにまで
問題が波及し、さらに、ドイツが支えきれない、フランスが逃げ腰などになれば、
最悪、ユーロ崩壊どころかユーロ消滅、ドイツマルク、フランスフラン復活なんてことも
頭の片隅においておかなければならないのかもしれません。

テクニカル的には、ユーロ円が月足最安値を一瞬ですが更新しました。
ユーロドルはまだまだですが1.23を切ると突き進む可能性大とみています。
ユーロ円100円割れ、ユーロドルパリティも視野に入れています。
あくまで最悪のシナリオですが、、、

明日、米雇用統計がありますが、今回はあまり影響力がないと思っています。
良くても悪くてもユーロ売りのような気がします。

昨日、思い切ってユーロドル1.2811でショートしました。
今のところ流れに乗っています。
これまで、浅めストップで5-6連敗しましたが、
本ポジションのおかげで、マイナスを全て取り戻し
プラスに転じています。ああ一安心。

最後に、試験通りました!
また、更新が遅れてしまいました。
どうも、ポジションがないと乗らないのが悪癖ですがご容赦ください。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..07 05:56 ファンダ comment0 trackback0

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。