2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

米ドルは8月に利上げするのか?

直近の米ドル利上げ観測です。

8月に0.25%利上げする確率は24%と1週前の40%から16ポイント低下しています(シカゴボード)。

米ドルが売られている理由は市場のセンチメントということになります。

また、今週は、米雇用統計がありますので、はりきって予想したいと思います。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..29 06:18 金利動向 comment1 trackback0

米ドル中期金利動向!

米ドルの8ー9月にかけての金利動向です。

本日の発表は、ほぼ据え置きで間違いないところですが、
その後は、どうなるでしょうか?

シカゴボードによりますと、8月の利上げ確率は33%、9月までには88%と上昇しています。

個人的には、第2四半期のGDPはマイナス成長と思っておりますので、利上げに対しては、まだ半信半疑です。

市場のセンチメントを考えますと、狙っているユーロドルロングはエントリーしにくい状況になっています。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..25 20:15 ファンダ comment6 trackback0

NZDの金利動向!

NZDの金利動向です。

クレジットスイスによりますと、次回0.25%利下げ確率は28%となっています。

NZではボラード総裁が既に利下げを示唆する発言をしておりますし、住宅指標の悪化、景気減速が目に見えておりますので充分利下げはありうると思われます。
心配しているCPIは、豪州ほど上昇していないのも利下げには好都合です。

2-3年前はNZD/USDは0.62-0.65が好ましいとの政府見解でしたので、今の値がいかに異常なのかが認識されます。ただ、今は原油高のためNZD高を容認しなくてはならないとは思いますが、、、

いずれにせよ、豪ドルと違ってNZDは、大きく売られるリスクを伴っていると考える必要があります。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..24 21:24 金利動向 comment2 trackback0

エコノミストによる米ドル金利動向!

エコノミストによる米ドル金利動向です。

次回、利上げ確率は0%で据え置き確率は100%(98/98)です。
個人的にも、利上げサプライズは、まずないと思っています。

今回は、金利発表後何もなかったようにスルーしてしまう可能性が高そうです。

さて、値動き的には、方向感がなくなってきてレンジ相場になっていくような雰囲気です。
何がきっかけで動き出すのかいまのところ予想がつきません。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..24 00:40 金利動向 comment0 trackback0

米ドル、金利動向!

来週、米ドルの金利が発表されますが、利上げ観測はどうなっているのでしょうか?

シカゴボードによりますと、0.25%利上げ確率は12%と、1週前の22%より10ポイント低下しています。

他国と比較しインフレの悪化の傾きは抑えられており、いまだ景気減速中ですので、ほぼ据え置きで間違いないと思います。

値動き的には、若干利上げを期待する向きもありますので、多少ドルの失望売りがあるかもしれません。

さて、前回ユーロドルロングは大勝を狙って不発に終わりましたが、懲りずにエントリーチャンスを待ちたいと思っています。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..20 20:24 金利動向 comment4 trackback0

スイスの金利はどうなるの?

スイスの金利が発表されます。
予想は据え置きですが、さてどうなるでしょうか?

スイスは例に漏れず、景気減速中です。
一方、インフレ上昇率は2.9%まで上がってきており、
ジョーダンSNB理事は、「スイスのインフレ率は不快になるくらい高い」
と発言しています。「インフレと成長リスクの比較評価して金利を決定」とも述べていますので予想は難しいところですが、やはり据え置きの可能性が高いと考えられます。
エコノミスト予想では、据え置き確率64%です。

サプライズがあるとすれば、0.25%利上げです。
万馬券狙いの方は直前にスイスフラン買いでしょうか。
と書いていた所に、スイス経済相より「インフレ懸念しない」という発言が入ってきました。やはり据え置きで、その後の会見も利上げは示唆しないような気がしてきました。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..19 06:00 金利動向 comment0 trackback0

ポンド利上げ観測は大幅低下!

昨日、BOEがインフレ対策に対し、かなり消極的なコメントがでました。
おかげで、ポンド利上げ確率が低下しています。

36%から、発表前には15%へ、さらに発表後には9%まで低下しています。

英国は、インフレより景気を重視するようです。インフレは4%程度までは我慢しそうです。しばらくは、金利据え置きになるのでしょうか?

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします。




拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..18 19:21 金利動向 comment0 trackback0

英国消費者物価指数はサプライズ?

明日、英国CPIが発表されます。

事前予想では、前年比3.2%とキング総裁反省文提出必至の予想です。
政府も反省文を受け取る用意があると明言しています。
では、実際はどうなるでしょうか?

4月から5月にかけて、原油価格と食料品価格が上昇し世界的にインフレが大きな問題となっています。英国も例に漏れず、末端価格つまり消費者物価の上昇が顕著になっています。野菜の値段などは、少なくとも10%は上がっている印象があります。
ひどい物では2倍に高騰している物品もあります。

英産業連盟 も、インフレは2009年第1四半期末まで3%を上回り、ピークは2008年第3四半期の見通しとしています。

よって、今回のデータは、4%に達しても個人的には驚きません。
既に発表された生産者物価指数も上記をサポートしています。

BOEは、据え置きや利下げにより金融機関や住宅ローン保持者を救うより、利上げにより国民全体をインフレより救うスタンスを明確にすると考えています。

よって、今回発表によりポンドは一気に買われる確率が相当高いと考えます。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..16 21:30 ファンダ comment16 trackback0

ポンド金利動向

英国ポンドの金利動向です。

住宅価格の下落、失業者数の上昇など景気減速がすすみつつある状況ですが、生産者物価指数の上昇により利上げ観測が浮上しています。

7月に利上げする確率は、36%と、先週の14%、その前週の0%から急上昇中です。

個人的にも利上げとよんでいます。
というのは、5月の消費者物価指数は爆上げ間違いなしと思っているからです。
今まで、今年後半はポンド売りで間違いなしと思っておりましたが、予想を変更して中期的にはポンド買いを検討したいと思います。

さらに先の話になりますが、スタグフレーションは米より英の方がリスクが高いような気がしてきました。そのときはポンド売りです。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..12 11:50 金利動向 comment5 trackback0

激しい相場

激しい相場になっておりますね。
残念ながらユーロドルポジションは勝ちを負けにしないうちにクローズとしました。
一から、出直しです。

さて、諸事情により、更新回数を減らさざるを得なくなりました。
米雇用統計くらいは予想して記事にしていきたいと思っておりますが、確約はできません。
アクティビティが下がりますが、今後ともよろしくお願いいたします。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..10 20:04 その他 comment2 trackback0

難しくなってきました。

追加したポジションはストップロスにて決済となりました。
ロンドン時間午前中はユーロが一番強かったので、
NY時間を甘く見て、たかをくくっていたのが敗因でした。
最初のポジションは継続中なので、懲りずにピラミッディングのチャンスを探りたいと思います。
目指せ1.6!(希望的観測)
笑われるとは思いますが1.7もありうると思っています、
と書いていたところに、米より為替介入発言。
本気かな???
裏を返せば、米ドルは切り札に頼らなくてはならない状況なのでしょう。
市場はどうとなえるのか、これは予想できません。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

<保有ポジション>

ユーロドルロング 1.5403 50K
(ユーロドルロング 1.5769 50K 決済 1.5669) 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..10 02:00 ファンダ comment2 trackback0

本日の最強最弱ペアは?


本日これまでの、最強最弱ペアは

ユーロ円となっております。

ドル円やクロス円はすべて上昇ですが、
よく見ますと、ドルは円の次に弱い状況です。
上がりすぎた原油価格と下がりすぎたダウで調整が入れば
ドルは少し巻き返すかもしれません。
ただし、逆の場合はドル売りいけいけになってしまう可能性をはらんでいます。

個人的には、ユーロが一番強いのでドルがNY時間に多少巻き返しても影響は限定的と考え、ポジション保有継続の方針です。

なお、本日は目新しいファンダ関連ニュースは見当たりませんでした。
興味深いニュースがありましたら記事にしたいと思います。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

<保有ポジション>

ユーロドルロング 1.5403 50K
ユーロドルロング 1.5769 50K 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..09 18:13 本日の通貨ペア comment4 trackback0

ユーロの利上げ確率は?

トリシェ発言をきっかけに急上昇中のユーロですが、次回の金利動向はどうなっているのでしょうか?

エコノミスト予想では、次回利上げ確率は11/21となっています。
個人的には、80%以上の確率で利上げすると思っています。

今までは、利下げバイアスでしたので、その差は大きいですよね。
何がユーロを止められるか?
現時点では、思いつきません。

一方、ドルは正念場です。
週明け、小売やベージュブックで巻き返しができるでしょうか?

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..08 11:44 金利動向 comment4 trackback0

大勝を目指して!

EUR/USD long 1.5769にてピラミッドしました。
抵抗線を越えたわけではありませんので多少早まった感がありますが、
来週は大きくトレンドを変換させるような指標もなく、
雇用統計の影響は、月曜東京時間までは持つとよんでいます。
(東京株式市場は、爆下げ必至です。)

EUR/USDは、再度1.6を目指す確率が高いと思っています。
あわよくば月曜窓明けも想定しています。
みな希望的観測ですので、100pip程戻ってしまったら素直に撤退します。
さて、どうなるでしょうか?

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

<保有ポジション>

ユーロドルロング 1.5403 50K
ユーロドルロング 1.5769 50K 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..07 10:00 トレード comment4 trackback0

雇用統計後、米ドル利上げ観測はどう変化したか?

雇用統計は、非農業部門雇用者変化数は予想通りでしたが、失業率には驚かされました。
発表直後はドル買い、詳細でドル売りとみていましたが、最初からドル売り一直線となりました。

これらの結果を受け、米ドルの利上げ観測はどう変化したでしょうか?
12月までに少なくとも0.25%利上げする確率は64%と、1週前の78%から14ポイントダウンしてしまいました。
次回は当然据え置きとみられています。

米ドルはセンチメントが一気に上から下、一方ユーロは一気に下から上ですので、この二日間の値動きは妥当という事になってしまいます。
来週も、この流れを止めるのは難しいような気がします。
よってチャンスがあれば、ユーロドルロングのピラミッディングを検討したいと思っております。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

<保有ポジション>

ユーロドルロング 1.5403 50K


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..07 00:52 金利動向 comment2 trackback0

米雇用統計はどうなるのか?

恒例の米雇用統計の予想をしたいと思います。

各種雇用統計関連データは、それほど悪くないデータがでておりました。
では、実際はどうでしょうか?
個人的に最も関連があると思っています失業保険数から検討してみました。

継続申請数は約6万人増加です。最終1週はむしろ減少しました。
新規数は約2万人減少です。

予想ではマイナス6万人ですが、上記データから言うと、そこまでは悪くないと考えます。
ただし、注意しなければいけないのは、先月データが大幅に下方修正される可能性があることです。

値動き的には、ヘッドラインでドル買い、その後詳細データでドル売りのシナリオを描いています。

さて、本番ではどうなるでしょうか?

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

保有ポジションは、続きでご確認を。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..06 11:50 ファンダ comment0 trackback0

ユーロついにエントリー

トリシェ会見前にユーロロングでエントリーしました。

お相手は、迷ったあげくにドルとしました。
(ユーロドル1.5403です)

米失業保険で下へ向かった時は、すわっとしました。
お相手を円にしとけば、あせることはありませんでした。

現在、トリシェさんのお陰でリカバリー中です。
利下げは完全に否定され、次回利上げの可能性否定しないとのことです。
'Vigilance'は出なかったようです。
まずは出だし好調でほっとしているところです。

落ち着いたら、明日の大一番、米雇用統計の予想を記事にしますので、ご期待のください!

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..05 22:09 トレード comment4 trackback0

ユーロロングのお相手は?


ドル円が抵抗線越えつつあります。
ドルのセンチメントが上向きなので、ユーロドルロングを躊躇しています。
ユーロポンドロングに鞍替えしたくなってきました。
ただ、英国では今月に入って物の値段が急激に上がっています。
(5月のCPIは上昇間違いなしの状況です。皆さん、覚えておいてくださいね。)

トリシェ発言前にユーロ買いたいのですが、よいお相手が見つかりません。
本日に限って言えば、円が一番いいのですが、長く持つと危ないのでこれまた躊躇してしまいます。
雇用統計まで待った方がいいのかな?

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..05 18:41 ファンダ comment0 trackback0

トリシェ発言に要注意!

次々と各国から政策金利が発表されますが、いずれも据え置きでほぼ間違いないところです。
ただ、注意したいのがトリシェ会見です。
ユーロ圏は、消費者物価指数が3.6%と許容できない範囲まで上昇しています。
景気減速は認められますが、米英と違いリセッションのリスクは非常に少ないと考えられています。
今までは、今年後半に利下げと見られていた訳ですが、むしろ利上げスタンスになるのではないでしょうか。
小売りは予想していた通り悪かったのですが、為替への影響はほとんどありませんでした。
ということで、トリシェ発言前にユーロドルロングにてエントリーを考えております。

でるか?
'Vigilance'
でれば、サプライズです。

出ない場合は、若干失望売りもありうるので難しいところですが、、、

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..04 20:14 要人発言 comment2 trackback0

豪ドル金利動向!

豪ドルの金利は利上げされるのでしょうか?

21人のエコノミスト予想では、

据え置き確率は100%です。

スワップ派の方には残念ながら追い風にはならないようです。
前回は利上げを相当検討したということですが、
景気減速がその後再確認されつつありますので、
装う通りの結果に終わり、利上げサプライズはないと考えます。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..03 06:00 金利動向 comment5 trackback0

本日の最弱最強ペア

本日これまでの最弱最強ペアは、

ポンド円となっております。

英国は、相変わらず住宅指標が足かせになっております。
為替的には、積み上げていったレンガを一気に崩すように値下がりしています。
キャリートレードの難しい点が眼前に現れている様です。

さて、今週は金利発表が続きますが、予想通りみな据え置きになりそうです。
サプライズはまずないと思います。あるとすれば豪ドルですが、前回から今回にかけて利上げを後押しするような新しいデータがありませんので、やはり据え置きでしょう。
少しは利上げを期待しているセンチメントがありますので、少しだけ失望売りがあるかもしれません。
また、今週は米雇用統計もあります。
今回も悪そうですので今週はドルロングは避けた方が懸命と考えています。
恒例により直前に予想しますのでご期待ください。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..02 19:12 本日の通貨ペア comment4 trackback0

NZDの金利動向!

NZDの金利は長期的には、どうなっていくのでしょうか?

クレジットスイスによりますと、1年以内に利下げする確率は95%と、1週前の81%より上昇しています。
景気減速が明白ですので当然と言えば当然です。
豪州と違って鉱物資源を持っていないのも痛いところです。

いずれNZDは大きく売られるリスクがあると考えています。

人気ブログランキング ←他ブログにない情報提供を心がけています。記事更新の励みになりますので、ポチッとよろしくお願いいたします

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2008..01 16:17 金利動向 comment0 trackback0

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。