2008 03123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
--..-- --:-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

1000Pip突破記念!

スペイン問題のおかげで、
ユーロドルポジションが、
週末クローズで1,000ピップ突破となりました。
長くもっていれば、いつかはこの日が来ると思っておりましたが、
結構かかったかなというのが正直なところです。

ファンダ的には、どんなにユーロ圏で策を弄しても、
根本的な内情を変えない限り、状況は好転しないと思っています。
政治家や政府がどんなに頑張っても、
国民自身が変わらない限り、事態は改善しないのです。
ギリシャやスペイン国民が、変わるしかないのです。
どんなに輪転機でユーロ札を印刷して各国を支援しても
経済の根本に何の変化がないのが現実と思っています。

よって、TOUNINの次の目標は、1500PIP突破です。
あっさり突破しても不思議はないのです。

あくまでポジショントークですので、
読み流していただいて結構ですが、
下は底なし沼の様相を呈する可能性があることを
頭の片隅に置いてくださいね。


ポジション: ユーロドル 1.3169 ショート (+1,006PIP程度)

スポンサーサイト
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2012..21 07:21 ファンダ comment0 trackback0

ユーロがなくなるとどうなるのか?

ユーロをショートしているとどうなるのかということです。

ユーロドルを1.3169でショートしているtouninの
ポジションは、はたしてどうなるのでしょうか?

現在、1.2510付近ですので、650pip程プラスです。
それが、単純計算で13000pip以上のプラスのなることになります。
何と、現在の20倍のプラスとなります。

世界経済は大変なことになりますが、
個人的には、想定以上の上振れ誤算となります。

このように、とらぬ狸の皮算用をしてみますと、
とても利益確定する気が起きません。

むしろ、売り増して、たたみかけたくなります。

万馬券狙いは、得てしてうまくいきませんので、
慌てずにチャンスを待ちたいと思います。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2012..27 01:54 ファンダ comment0 trackback0

長いトンネル

またまた、半年以上あけての更新です。

ロングしていたドル円は、78円近くで決済。
マイナスが大きい(700ピップ以上)のも痛手でしたが、
もっと大きな問題をはらんでいました。

塩漬けになっていた期間、ポジションが重荷となって
動きが取れなかったことです。
全く取引できませんでしたので1年棒に振ったのと同じです。

やはり、先人の教え通り
総資産の6%までに損失を抑える!
最大でも10%を超えてはならない!
はい、肝に命じます。

さて、今回ドル円を決済した理由は、
ユーロ危機です。
ユーロは、最悪なくなるかもしれないと
思っているからです。

ユーロとドル円は直接関係ないと思われるかもしれません。
でも、それは間違いです。
関係は、大有りです。

今後、ユーロ危機はファンダ的には簡単に収まるはずがありません。
IMFやユーロバンクがどんなにサポートしても
ギリシャ、イタリアの借金はなくなりません。
国債の利率は危険域(年利率7%)を超えはじめました。
これをいつかは返さなくてはなりません。
返すためには、また国債の発行です。
当然、年利率7%の通貨の価値は下がることになります。
スペイン、アイルランドも次に控えています。

となると、ユーロが売られる、リスク回避、円が買われる、
ドル円は下に引っ張られるという流れになります。

もう一つの理由は、ユーロショートのポジションを得るためです。
ドル円を処理しましたので、
ユーロドル1.3169でショートしました。

ユーロドルは、1.3のオプションをこなし1.29台の数字を見ました。
ユーロ円は、早晩100円のオプションを突破すると思っています。
ユーロドルパリティさえありえるとみています。

現在、ユーロドル1.3前後ですが、長くポジション保持できれば
結果が伴うはずです。

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2011..15 22:18 ファンダ comment0 trackback0

じっと我慢の子

ドル円が84円台に戻ってきました。
75円まで行ってもいいと、じっとしておりましたが
やっと春が近づいてきました。

短期的には、日足でヒゲをつけましたので、
週明けは売戻しがありそうですが、
長期的には、さらなる新安値更新は
ファンダ的に考えにくいと思っています。

85円半ばでロングしていますので
ポジションは、まだマイナスです。
よって新たなポジションは取りにくいことになります。
長期的観点のポジションですので、
新たな買い増しは、92円を超えてから考える予定です。

うまくいっても3-6ヶ月先でしょうかね。
本業が忙しいので、以前のようにフットワークよく取引はできませんが、
そいうときは、年単位の取引も悪くないと考えております。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2011..02 06:48 ファンダ comment0 trackback0

ギリシャ、ユーロ撤退の確率!

ブルームバーグのエコノミスト予想では、
ギリシャがユーロから撤退する確率は、

なんと40%となっています。

個人的には、80%位あるのではないかと思っていますが、、、

さて、チャートは相変わらず方向感がありません。
が、ユーロスイスは順調に?安値更新中です。

ユーロを売りたくなるわけですが、
ドルスイスやカナダ米ドルのペアは、むしろリスクテイキングの
値動きですので、まだエントリーするには早いことになります。

すべての組み合わせが、リスク回避に向かい、
かつ複数の組み合わせで抵抗線を突破したときが、
ユーロ売りのタイミングと考えています。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..09 20:44 ファンダ comment0 trackback0

次はどっち?

方向感のない展開が続いていますね。

次は、どちらに向かうのかは、誰もわからないわけですが、
既に抵抗線を突破した組み合わせがあります。

新安値を更新したのは、ユーロスイスです。
スイス中銀は、1.4のオプションを守りきれず、
その後は、音なしのようです。

となると、確率的にはユーロ売り
つまり、リスク回避の可能性のほうが高いと判断できます。

そのうち、円買い、ドル買いが炸裂するとみて
身構えている所です。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..08 20:49 ファンダ comment0 trackback0

リスク回避時の値動きの考え方

昨日の予想は、大当たりでした。
筋書き通りと言ってよろしいでしょう。

ユーロドルは、1.2のオプションをあっさり突破し、
終値でも1.19台キープです。

来週も、リスク回避優勢と考えています。

さて、昨日の米雇用統計は予想より悪い結果でした。
ドル円は値が飛びましたね。
ただし、ドルストレートは素直にドル売りにはなりません。
リスク回避の考え方が優先されるからです。

では、リスク回避時の値動きはどう考えればよいのでしょうか。
解説は抜きにして結論を述べますと、
強い順に、

日本円、米ドル、ヨーロッパ通貨またはオセアニア通貨となります。

ドル円はショート、ドルストレートはドル買いすればよいことになります。

以前から繰り返しておりますが、まだまだリスク回避は続きます。
紆余曲折はあっても、ユーロドルはパリティを目指すとみています。

ユーロドルショートポジションはキープしています。


ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..05 07:52 ファンダ comment0 trackback0

理屈に合わない!

ユーロドルの値動きが全く理屈にあいません。

ユーロ圏ソブリン問題のため、リスク回避の動きが席捲しています。
サブプライムやリーマンショックと同じ理屈です。
全世界的に株価は暴落し、為替的には円買い、ドル買いです。
資源国通貨売りやスイス売りは理屈が合います。

ところが、ユーロが円に対しては売られていますが、
ドルに対しては全く逆です。
ポンドを含めて全てドルに対して売られても、
ユーロだけは買われています。

為替介入の噂も流れていますが、本当でしょうか?
短期では通用しても、中長期的には理屈は合わないし、
これでは経済がつぶれてしまいます。

あまりにも、理屈にあわないので、
ついポジションを引っ張りすぎました
ユーロドル 1.2298と1.2190 ショートの建玉は
それぞれ160ピップほどマイナスで決済しました。
もし、さらに引っ張っていたら、さらにマイナスでしたので
仕方がないところです。
残りの2ポジションは、両建てし利益確保中です。

まあ、ぼやいても仕方がありません。
しばらくは、見がよさそうです。

ポジション:

ユーロドル 1.2811 ショート(ロング1.2460相殺中)
ユーロドル 1.2490 ショート(ロング1.2460相殺中)

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..21 07:13 ファンダ comment2 trackback0

ユーロ危機は継続か?

ECBによるギリシャ国債の買取や今後の援助方針決定は、想定していませんでした。
裏を返せば、ユーロが危機であることを自ら認めていますね。

昨日は、一気にユーロが買われ、含み損が大きくなりましたので、
一過性に両建てしました。
直近の天井を確認した後、両建てをはずし、
従来の方針通り、ユーロ売り継続です。
これにより、若干損失を計上しましたが、
ポジションリスク回避のためやむをえません。
師匠には、固く両建て禁止と言われているので、
今回の取引は内緒にしなくてはなりません。
師匠、許してくださーい。

ポジション:
ユーロドル 1.2811 ショート(現在1.2700付近)
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..11 21:14 ファンダ comment0 trackback0

ユーロ崩壊!

ユーロが売られています、というか崩壊しかけています。
どこまで行くのでしょうか?

もちろん、答えは神のみぞ知るですが、
ユーロ売りの原因が、ギリシャ問題の根深さというファンダですので、
これが解決されるまでは、信用不安は広がる可能性は充分あります。
うまく立ち回らないと、ポルトガル、スペイン、アイルランドにまで
問題が波及し、さらに、ドイツが支えきれない、フランスが逃げ腰などになれば、
最悪、ユーロ崩壊どころかユーロ消滅、ドイツマルク、フランスフラン復活なんてことも
頭の片隅においておかなければならないのかもしれません。

テクニカル的には、ユーロ円が月足最安値を一瞬ですが更新しました。
ユーロドルはまだまだですが1.23を切ると突き進む可能性大とみています。
ユーロ円100円割れ、ユーロドルパリティも視野に入れています。
あくまで最悪のシナリオですが、、、

明日、米雇用統計がありますが、今回はあまり影響力がないと思っています。
良くても悪くてもユーロ売りのような気がします。

昨日、思い切ってユーロドル1.2811でショートしました。
今のところ流れに乗っています。
これまで、浅めストップで5-6連敗しましたが、
本ポジションのおかげで、マイナスを全て取り戻し
プラスに転じています。ああ一安心。

最後に、試験通りました!
また、更新が遅れてしまいました。
どうも、ポジションがないと乗らないのが悪癖ですがご容赦ください。 拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..07 05:56 ファンダ comment0 trackback0

週明けはどちらへ?

雇用統計は、良悪混在でした。
値動き予想は、一応正解としてよいでしょう。

さて、1ヶ月のデモは有効期限終了となりました。
デモとはいえプラス35%(70万円)と非常に良好な成績に満足しています。
一ヶ月のパーフォーマンスとしては、過去2番目によい結果でした。
少し自信を取り戻したので、もう少しデモを続けてから
リアルに戻りたいと思っています。

肝心の週明け予想ですが、円買いドル買いのスタンスに変化はありません。
金曜NY終盤の戻しは、G7前のリスク回避のための利益確定売りと判断しています。
また、雇用統計はリスク回避を払拭するには程遠い結果でした。
よって、リスク緩和にはつながらないと考えます。

週明けは、ユーロドルショートを中心にエントリーチャンスをうかがいたいと考えています。

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..07 08:08 ファンダ comment0 trackback0

ああ恐ろしや雇用統計?

雇用統計発表まであと20分程度です。
回復の兆しが見られると予想されていますがどうなるでしょうか。

昨日の円買い、ドル買いはすさまじかったですね。
値動きをみるとリスク回避には相当敏感になっていると判断されます。

ということは、結果がいい場合には肩透かしで、
むしろ悪い場合には、再度怒涛の円買い、ドル買いの可能性がありそうです。

さて、ユーロドル1.4010ショート(100K)は継続保有中で、
新たに1.3777で100Kショートしました。(現在1.3695付近)。

肝心の雇用統計後の次の狙い目は、

ずばり、ユーロドルショート、ショート、ショート!!!

です。

(ポンドドルショートでもいいのですがスプレッドが2-4pipあるのでストップ超浅の身では、今ひとつ乗り気がしていません)。

拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..05 22:13 ファンダ comment0 trackback0

英国政策金利はサプライズ?

英国政策金利が発表されます。

据え置きがコンセンサスですが、サプライズの可能性を否定できません。
CPIが2.9%と急上昇中で、ターゲット上限の3%まで0.1ポイントだからです。

もし、金利を上げたら怒涛のポンド買い間違いないでしょう。
100ピップくらい値が飛ぶかもしれません。

さて、昨日の戻しは本物でした。
ユーロドル1.4010, 1.3994と立て続けのショートに続き、
1.3911でさらに2ポジションショートしました(計400K、現在1.3900)。
最後の2ポジションはちょっと危なっかしいですが、
ストップを浅めにして成り行きを見守っています。

もし、金利予想があたったら応援ぽちお願いしますね。



拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..04 06:41 ファンダ comment0 trackback0

ドル買い?

米国GDP発表前ですがGDP/USDが直近の安値を一旦更新しています。

GDPはいいデータが見込まれていますが、
予想通りであれば、一気のドル買い、
悪くてもミシガンの後にドル買いと、
いずれにせよドル買いと予想します。

狙い目は、ユーロドルショート、さらに割れればポンドドルショートです。

さて、昨日の予想はあたりました。
ユーロドル、ポンドドル共に下落しました。
特にポンドドルは、ファンダも手伝い急落しました。
ポンドドルを1.6245でショートしていましたので大きく利がのっています(現在1.6110)。
0.8703でショートしているユーロポンドは放置中です(現在0.8667)。

さて、あと15分で発表ですがどうなるでしょうか。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..29 22:15 ファンダ comment0 trackback0

明日はポンド買い!

本日は、巻き戻しの感がありますが、ちょっと一休み程度と思っています。

さて、明日英国小売が発表されます。
ずばり、相当いいデータが期待できます。
クリスマス商戦は前例ないくらい好調でした。
前年比10%以上を記録する企業が続出と報道されていました。
思い切って、発表前にポンドを買っても間違いは少ないと思います。

平均0.88395のユーロポンドショート2ポジションは0.8673で決済しました(45-50万円程度)。
その後、噴いて若干戻った所を0.8698で1ポジション売りなおしました(現在0.8681)。
さらに、安値更新すれば売り増ししてもよさそうです。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..22 00:55 ファンダ comment0 trackback0

ユーロ売りか?

ユーロがポンド、円に対して売られています。
ユーロドルは綱引き状態ですが、さらに売られるのでしょうか?

ポイントはドル円です。もう少しで下値抵抗線に達します。
これを突破すれば、ユーロ円は加速するかもしれません。

また、既にユーロポンドは下方ブレイクしていますので、次の噴き値を売ればよさそうです。

ギリシャ問題は何も解決されておらず、ユーロ不安はいつまでも残るかもしれません。
他、ユーロ圏内で財政問題が明らかになればユーロ暴落のシナリオがありうるかもしれないと頭の片隅においておいた方がよいと思っています。

さて、最近取引が不調ですので、初心に戻ってデモ取引を行っています。
ユーロポンドショート(0.8852, 0.8827)に利がのっています。
感情に左右されないからいいのでしょうね。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..18 22:00 ファンダ comment0 trackback0

ポンドドル上放れ!

ポンドドルが上値抵抗線を突破しました。

ということは、ユーロドル、オージードルなどロングの勝算が高いことになります。
ユーロドルも、もうすぐ抵抗線に達します。
これを越えれば、GOでしょう。

さて、ドル円予想は、ここまで正解でした。
この後は、何とも難しいところですが、直近の下値抵抗線を越えるとストップが並んでいる可能性があるので、ここでショートに妙味があると思います。

NY初動がポイントでしょうか。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..13 20:31 ファンダ comment0 trackback0

雇用統計は?

米国雇用統計があと一時間ほどで発表されます。
予想では、前月と変化なしとされています。

それほど悪くないといったセンチメントですので、悪い場合には初動は一気にくると思います。
その後は、戻すような気がします。
いい場合には、いけいけになるかもしれません。
さて、どうなるでしょうでしょうか。


また、発表後2時間位で、トレンドが変換することがよくありますので注意が必要です。

さて、先日ショートしたユーロ円は戻したところをマイナス130ピップ程で決済しました。もし決済していなければ現在マイナス200以上ですので正解だったのでしょう。

現在の狙い目は、抵抗線越えればユーロドルショートです。
まだ、100ピップほど先ですのでエントリーはまだ先になりそうです。
拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..08 21:48 ファンダ comment0 trackback0

ドルは買われるのか?

ドル円は堅調ですね。

この動きは本物でしょうか?

シカゴ先物のデータからになりますが、6月までに米国政策金利が上げられる確率は62%と、さらに上昇中です。
雇用悪化に歯止めがかかっているようですし、センチメントはブルと判断できそうです。

テクニカル的にも、抵抗線は突破していますので、更に上げる確率が高そうです。
売り方は、しばらくは辛抱が続くと思っています。
4日は、反動で下げるかもしれませんが、押し目は買いの方針でよいでしょう。

他、近傍に抵抗線がない組み合わせは、ユーロスイス位しかありません。
ユーロスイスショートは、どうも気乗りしないのですが、こちらの方がまだまだ行くのかもしれません。


拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2010..02 20:02 ファンダ comment0 trackback0

豪ドル利上げはあるか?

豪ドルの政策金利が次回上げられる確率は、52%と一週前の67%より低下しています。
(クレジットスイスのスワップトレーダーのデータより。)

にもかかわらず、本日もドルが売られており、豪ドル/USドルの上昇曲線が急で飛び乗りたくなるところですが、
ファンダとテクニカルが一致しておりませんので見送りとしています。

さて、いろいろ食指が動く値動きをしておりますが、現時点での狙い目は、

ドル円です。

ドル円は、現在綱引き状態で膠着しています。
ユーロ円の動きを参考にすると上へ抜ける可能性の方が高そうです。

ドル円92.29でロング逆指値待機とします(NYまで)。






拍手 ←記事内の予想が当たっていたら、ポチッとよろしくお願いいたします。 初めてご訪問いただいた方は、右カテゴリーの「リスク管理」をご覧ください。
2009..29 22:10 ファンダ comment0 trackback0

プロフィール

TOUNIN

Author:TOUNIN
ファンダメンタルをもとに、FX関連情報を提供していきます。

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。